2級建築施工管理 過去問 解説ノート R2(後期)問21~問24 | にゅこのマンション修繕日和。

2級建築施工管理 勉強ノート 令和2年度 後期

2級建築施工管理 過去問 解説ノート R2(後期)問21~問24

投稿日:2020年12月7日 更新日:

 

目次

21

型枠支保工に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

  1. パイプサポートに設ける水平つなぎは、番線を用いて緊結する。
  2. 上下階の支柱は、できるだけ平面上の同一位置になるように設置する。
  3. 梁下の支柱は、コンクリートの圧縮強度が設計基準強度以上で、かつ、所要の安全性が確認されれば取り外すことができる。
  4. スラブ下の支柱は、コンクリートの圧縮強度によらない場合、存置期間中の平均気温から存置日数を決定する。

1問目 パイプサポートに設ける水平つなぎは、番線を用いて緊結する。

間違った説明です。パイプサポートに設ける水平繋ぎは、ボルトまたは専用金具を用いて緊結します。

2問目 上下階の支柱は、できるだけ平面上の同一位置になるように設置する。

正しい説明です。支柱は平面上の同一位置に立てます。

3問目 梁下の支柱は、コンクリートの圧縮強度が設計基準強度以上で、かつ、所要の安全性が確認されれば取り外すことができる。

正しい説明です。

4問目 スラブ下の支柱は、コンクリートの圧縮強度によらない場合、存置期間中の平均気温から存置日数を決定する。

正しい説明です。

 

よって、この問題の間違った記述は1番です。

 

22

コンクリートの調合に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

  1. 耐久性を確保するためには、水セメント比は小さいほうがよい。
  2. スランプの大きいコンクリートでは、細骨材率が小さすぎると分離しやすくなる。
  3. スランプは、工場出荷時における値を指定する。
  4. AE減水剤を用いると、所定のスランプを得るのに必要な単位水量を減らすことができる。

1問目 耐久性を確保するためには、水セメント比は小さいほうがよい。

正しい説明です。コンクリートは、水セメント比が小さいほど、耐久性が高くなるという傾向にあります。

2問目 スランプの大きいコンクリートでは、細骨材率が小さすぎると分離しやすくなる。

正しい説明です。細骨材率が小さいとガサガサのコンクリートとなり、分離しやすくなります。

3問目 スランプは、工場出荷時における値を指定する。

間違った説明です。スランプは、荷卸し地点における値を指定します。

4問目 AE減水剤を用いると、所定のスランプを得るのに必要な単位水量を減らすことができる。

正しい説明です。減水剤は、セメント粒子の分散作用によりワーカビリティ改善し、スランプや強度を得るのに必要な単位水量および単位セメント量を減少させることができるます。

 

よって、この問題の間違った記述は3番です。

 

23

鉄骨の加工に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

  1. ひずみの矯正を常温加圧で行う場合は、ローラー又はプレスを使用する。
  2. 溶融亜鉛めっき高力ボルトの孔径は、同じ呼び径の高力ボルトの孔径よりも大きくする。
  3. 柱の十字形鉄骨に設ける梁主筋の資通孔は、耐力低下の大きいフランジを避けて、ウェブに設ける。
  4. 開先の加工は、自動ガス切断、機械加工等により行う。

1問目 ひずみの矯正を常温加圧で行う場合は、ローラー又はプレスを使用する。

正しい説明です。ひずみの矯正はでは、加熱しての矯正はメッキ面を溶接する可能性があるため、おこなってはいけません。

2問目 溶融亜鉛めっき高力ボルトの孔径は、同じ呼び径の高力ボルトの孔径よりも大きくする。

間違った説明です。溶融亜鉛めっき高力ボルトの孔径は小さいか同じにします。

3問目 柱の十字形鉄骨に設ける梁主筋の資通孔は、耐力低下の大きいフランジを避けて、ウェブに設ける。

正しい説明です。鉄骨フランジは耐力低下が大きため貫通孔は設けず、ウェブに設けるようにします。

4問目 開先の加工は、自動ガス切断、機械加工等により行う。

正しい説明です。

 

よって、この問題の間違った記述は2番です。

 

24

在来軸組構法における木工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

  1. 土台の継手は腰掛けあり継ぎとし、継手付近の下木をアンカーボルトで結め付けた。
  2. 隅通し往の仕口は土台へ扇ほぞ差しとし、ホールダウン金場を用いてボルトで締め付けた。
  3. 建入れ直し完了後、接合金物や火打材を固定し、本節かいを取り付けた。
  4. 垂木の継手は母屋の上でそぎ継ぎとし、釘で取り付けた。

1問目 土台の継手は腰掛けあり継ぎとし、継手付近の下木をアンカーボルトで結め付けた。

間違った説明です。土台の継手は腰掛けあり継又は腰掛けかま継で、上木となる男木をアンカーボルトで締め付けます。

2問目 隅通し往の仕口は土台へ扇ほぞ差しとし、ホールダウン金場を用いてボルトで締め付けた。

正しい説明です。

3問目 建入れ直し完了後、接合金物や火打材を固定し、本節かいを取り付けた。

正しい説明です。

4問目 垂木の継手は母屋の上でそぎ継ぎとし、釘で取り付けた。

正しい説明です。

 

よって、この問題の間違った記述は1番です。

 

 

2級建築施工管理 過去問 解説ノート R2(後期)問18~問20

-2級建築施工管理 勉強ノート, 令和2年度 後期

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

楽して2級建築施工管理士試験とっぱ! 1ページ目 換気について

目次1 換気について2 過去の問題3 機械換気の覚え方 換気について 過去15回の問題で間違った記述とされていた問題は、 R2 機械換気 R1 R1 機械換気(自然換気) H30 H30 必要換気量 …

2級建築施工管理 過去問 解説ノート R2(後期)問15~問17

  目次1 第15問1.1 鋼製巻尺を用いる距離測定において、距離の補正を行う場合、最も必要のないものはどれか。1.1.1 解説2 第16問2.1 防災設備に関する記述として、最も不道当なも …

2級建築施工管理 過去問 解説ノート R2(後期)問1~問3

  目次1 第1問1.1 換気に関する記述として、最も不適当なものはどれか1.1.1 1問目 第1種機械換気方式は、地下街や劇場など外気から遮断された大きな空間の換気に適している。1.1.2 …

2級建築施工管理 過去問 解説ノート R2(後期)問18~問20

  目次1 第18問1.1 墨出しに関する記述として、最も不適当なものはどれか。1.1.1 1問目 平面上の位置を示すために床面に付ける墨を、地墨という。1.1.2 2問目 垂直を示すために …

no image

2級建築施工管理 過去問勉強ノート#4日目 建築学 【採光・照明】

     問題1 (  )とは、単位面積に入射する、光束の量をいう。単位は(  )である。   解説 照度とは、受照面の明るさを表し、その単位面積に入射する光束の量をいいます。単位 …