【技術】第2問 平成28年ー2回目 工事担任者試験 総合種 過去問 (個人的)解説  | | にゅこのマンション修繕日和。

【技術】第2問 工事担任者AI・DD総合種 勉強ノート

【技術】第2問 平成28年ー2回目 工事担任者試験 総合種 過去問 (個人的)解説 

投稿日:2020年2月4日 更新日:

はじめに

この解説は、自分用に私見によって解説しています。

 

では、やっていきましょう。

(1) GE-PONシステムについて述べた次の二つの記述は、(ア) 。

 

A GE-PONシステムは、転送フレーム形式にイーサネットフレームを用いた光アクセスネットワークであり、OLTとONUとの間において、給電が必要な能動素子で構成される、 一般に、RTといわれる多重化装置を用いて光信号を合・分波し、1台のOLTに複数のONUが接続される。

B GE-PONの上り信号は合波されるため、各ONUからの上り信号が衝突しないよう OLTが各ONUに対して送信許可を通知することにより、上り信号を時間的に分離して衝突を回避している。

1 Aのみ正しい

2 Bのみ正しい

3 AもBも正しい

4 AもBも正しくない

 

解説

A・間違いです。

OLTとONUとの間において、給電が不要な受動種子で構成される、光スプリッタを用いて光信号を合・分波し、1台のOLTに複数のONUが接続される。

 

B・正しい記述です。

 

答え 2

 

(2) IEEE802.3at Type1及びType2として標準化されたPoE規格について 述べた次の記述のうち、誤っているものは、(イ) である。

 

1 IEEE802.3atには、IEEE802.3afの規格がType1として含まれている。

2 Type2の規格で使用できるUTPケーブルには、カテゴリ5e以上の性能が求められる。

3 Type2の規格では、PSEの1ポート当たり、直流50~57ボルトの範囲で最大80.0ワットの電力を、PSEからPDに給電することができる。

4 1000BASE-Tでは、4対全てを信号対として使用しており、信号対のうちピン番号が1番、2番のペアと3番、6番のペアを給電に使用する方式はオルタナティブAといわれる。

5 10BASE-Tや100BASE-TXにおいて空き対であるピン番号が4番、 5番のペアと7番、8番のペアを給電に使用する方式は、オルタナティブBといわれる。

 

解説

Type2PoE PlusはPSEの1ポート当たり、直流50~57ボルトの範囲で最大600ミリアンペアを、最大電力30.0ワット以上をPSEからPDに給電することができます。

 

答え 3

 

(3) SIPサーバの構成要素のうち、ユーザエージェントクライアント(UAC)の登録を受け付ける機能を持つものは(ウ)といわれる。

 

1 ロケーションサーバ

2 プロキシサーバ

3 リダイレクトサーバ

4 レジストラ

5 SIPアプリケーションサーバ

 

解説

ユーザエージェントクライアント(UAC)の登録を受け付ける機能を持つものはレジストラサーバといわれている。(レジで商品を登録する)

 

答え 4

 

(4) IP-PBXの (エ)といわれるサービス機能を用いると、内線番号Aを持つ者が自席 を不在にするとき、自席の内線電話機で(エ)用のアクセスコードをダイヤルし、行先 の内線番号Bを登録しておくと、以降、この内線番号Aへの着信呼が、登録された行先の内線番号Bへ転送される。

 

1 話中転送

2 コールホールド

3 コールパーク

4 可変不在転送

5 コールバックトランスファ

 

解説

可変不在転送機能を使うと、内線番号Aを持つ者が自席を不在にするとき、自席の内線電話機で、可変不在転送用のアクセスコードをダイヤルし、行先の内線番号Bを登録しておくと、以降、この内線番号Aへの着信呼が、登録された行先の内線番号Bへ転送される

 

答え 4

 

(5) IEEE802.11標準の無線LANの特徴などについて述べた次の二つの記述は、(オ) 。

 

A 無線LANの機器には、2.4GHz帯と5GHz帯の両方の周波数帯域で使用できるデュアルバンド対応のデバイスが組み込まれたものがある。

B 無線LANで用いられている変調方式には、スペクトル拡散変調方式やOFDM(直交周波数分割多重)方式がある。

1 Aのみ正しい

2 Bのみ正しい

3 AもBも正しい

4 AもBも正しくない

 

解説

A・正しい記述です。

 

B・正しい記述です。

 

答え 3

 

 

-【技術】第2問, 工事担任者AI・DD総合種 勉強ノート

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【技術】第1問 平成28年ー2回目 工事担任者試験 総合種 過去問 (個人的)解説 

目次1 はじめに2 (1) DECT方式を参考にしたARIB STD-T101に準拠したデジタルコードレス電話の標準システムは、親機、子機及び中継機から構成されており、同一構内における混信防止のため、 …

【技術】第1問 平成30年ー1回目 工事担任者試験 総合種 過去問 (個人的)解説

目次1 はじめに2 (1) DECT方式を参考にしたARIB STD-T101に準拠するデジタルコードレス電話機では、子機から親機へ送信を行う場合における無線伝送区間の通信方式として、(ア) が用いら …

【技術】第1問 平成29年ー1回目 工事担任者試験 総合種 過去問 (個人的)解説 

目次1 はじめに2 (1) 文書ファクシミリ伝送手順において、グループ3ファクシミリ端末どうしが公衆交換電話網 (PSTN)を経由して接続された後に、送信側からのCNG信号を受信したファクシミリ端末は …

【技術】第1問 平成30年ー2回目 工事担任者試験 総合種 過去問 (個人的)解説

目次1 はじめに2 (1) DECT方式を参考にしたARIB STD-T101に準拠するデジタルコードレス電話システムは、複数の通話チャネルの中から使用するチャネルを選択する場合に、他のコードレス電話 …

【技術】第2問 平成27年ー1回目 工事担任者試験 総合種 過去問 (個人的)解説 

目次1 はじめに2 (1) GE-PONでは、OLTが配下の各ONUに対して上り信号を (ア)するため送信許可を通知し、各ONUからの上り信号は衝突することなく、光スプリッタで合波されてOLTに送信さ …