2級建築施工管理 過去問勉強ノート#6日目 建築学 【色彩】 | にゅこのマンション修繕日和。

2級建築施工管理 勉強ノート

2級建築施工管理 過去問勉強ノート#6日目 建築学 【色彩】

投稿日:

  
問題1 色の膨張や収縮の感覚は、一般に明度が(  )ほど膨張して見える。

 

解説 色の膨張や収縮の感覚は、一般に明度の影響が大きいため、明度・彩度ともに高い明るい色ほど膨張して見えます。そして、明度が低い暗い色は収縮して見えます。

 

問題2 色の温度感覚には、暖色や寒色と、それに属さない(  )がある。

 

解説 色の温度感覚は、暖色・寒色・中性色に分けられます。暖色は暖かい感情を与える、赤や黄色をいい、寒色は涼しい感情を与える、青や青緑、青紫などがあり、中性色は、それらに属さない黄緑、緑、紫、赤紫などをいいます。

 

問題3 同じ色でもその面積が(  )ほど、明るさや、あざやかさが(  )して見える。

 

解説 同じ色でもその面積が大きいほど、明るくあざやかさが増して見えます。面積の大小によって起こる対比効果を面積効果といいます。

 

問題4 補色を並べると、お互いにあざやかさが(  )して見える。

 

解説 補色を並べると、お互い強調しあい、あざやかさが増してみえます。このことを補色対比といいます。

 

問題5 実際の位置よりも遠くに見える色を(  )、近くに見える色を(  )という。

 

解説 実際の位置よりも遠くに見える色を後退色といい、近くに見える色を進出色といいます。明度の高い色は、実際の位置よりも近くに見える色なので進出色で、明度の低い色は、遠くに見える色なので後退色になります。ちなみに、暖色は、寒色よりも近距離にあるように感じます。

 

勉強ノート#5日目 建築学 【音響】

-2級建築施工管理 勉強ノート

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2級建築施工管理 過去問 解説ノート R2(後期)問11~問14

  目次1 第11問1.1 鋼の一般的な性質に関する記述として、最も不適当なものはどれか。1.1.1 1問目 鋼は炭素含有量が多くなると、ねばり強さや伸びが大きくなる。1.1.2 2問目 鋼 …

no image

2級建築施工管理 過去問勉強ノート#4日目 建築学 【採光・照明】

     問題1 (  )とは、単位面積に入射する、光束の量をいう。単位は(  )である。   解説 照度とは、受照面の明るさを表し、その単位面積に入射する光束の量をいいます。単位 …

no image

2級建築施工管理 過去問勉強ノート#5日目 建築学 【音響】

    問題1 残響時間は、室内の仕上げが同じ場合、部屋の容積が(  )ほど(  )なる。   解説 残響時間は、部屋の容積に比例して、平均吸音率と室内表面積に反比例します。部屋の容積が大 …

no image

2級建築施工管理 過去問勉強ノート#2日目 建築学 【伝熱・結露】

       問題1 熱伝導率は、一般に密度が(  )材料ほど(  )なる。   解説 熱伝導率は、一般に密度が大きい材料ほど大きくなる。   問題2 壁体を貫 …

2級建築施工管理 過去問 解説ノート R2(後期)問18~問20

  目次1 第18問1.1 墨出しに関する記述として、最も不適当なものはどれか。1.1.1 1問目 平面上の位置を示すために床面に付ける墨を、地墨という。1.1.2 2問目 垂直を示すために …