2級建築施工管理 過去問勉強ノート#6日目 建築学 【色彩】 | 澪華のブログ

2級建築施工管理 勉強ノート

2級建築施工管理 過去問勉強ノート#6日目 建築学 【色彩】

投稿日:

  
問題1 色の膨張や収縮の感覚は、一般に明度が(  )ほど膨張して見える。

 

解説 色の膨張や収縮の感覚は、一般に明度の影響が大きいため、明度・彩度ともに高い明るい色ほど膨張して見えます。そして、明度が低い暗い色は収縮して見えます。

 

問題2 色の温度感覚には、暖色や寒色と、それに属さない(  )がある。

 

解説 色の温度感覚は、暖色・寒色・中性色に分けられます。暖色は暖かい感情を与える、赤や黄色をいい、寒色は涼しい感情を与える、青や青緑、青紫などがあり、中性色は、それらに属さない黄緑、緑、紫、赤紫などをいいます。

 

問題3 同じ色でもその面積が(  )ほど、明るさや、あざやかさが(  )して見える。

 

解説 同じ色でもその面積が大きいほど、明るくあざやかさが増して見えます。面積の大小によって起こる対比効果を面積効果といいます。

 

問題4 補色を並べると、お互いにあざやかさが(  )して見える。

 

解説 補色を並べると、お互い強調しあい、あざやかさが増してみえます。このことを補色対比といいます。

 

問題5 実際の位置よりも遠くに見える色を(  )、近くに見える色を(  )という。

 

解説 実際の位置よりも遠くに見える色を後退色といい、近くに見える色を進出色といいます。明度の高い色は、実際の位置よりも近くに見える色なので進出色で、明度の低い色は、遠くに見える色なので後退色になります。ちなみに、暖色は、寒色よりも近距離にあるように感じます。

 

勉強ノート#5日目 建築学 【音響】

-2級建築施工管理 勉強ノート

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

2級建築施工管理 過去問勉強ノート#5日目 建築学 【音響】

    問題1 残響時間は、室内の仕上げが同じ場合、部屋の容積が(  )ほど(  )なる。   解説 残響時間は、部屋の容積に比例して、平均吸音率と室内表面積に反比例します。部屋の容積が大 …

2級建築施工管理 過去問 解説ノート R2(後期)問29~問32

  目次1 第29問1.1 外部に面するサッシのガラス工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。1.1.1 1問目 熱線反射ガラスは、反射膜コーティング面を室内側とした。1.1.2 …

2級建築施工管理 過去問 解説ノート R2(後期)問1~問3

  目次1 第1問1.1 換気に関する記述として、最も不適当なものはどれか1.1.1 1問目 第1種機械換気方式は、地下街や劇場など外気から遮断された大きな空間の換気に適している。1.1.2 …

2級建築施工管理 過去問 解説ノート R2(後期)問11~問14

  目次1 第11問1.1 鋼の一般的な性質に関する記述として、最も不適当なものはどれか。1.1.1 1問目 鋼は炭素含有量が多くなると、ねばり強さや伸びが大きくなる。1.1.2 2問目 鋼 …

楽して2級建築施工管理士試験とっぱ! 1ページ目 換気について

目次1 換気について2 過去の問題3 機械換気の覚え方 換気について 過去15回の問題で間違った記述とされていた問題は、 R2 機械換気 R1 R1 機械換気(自然換気) H30 H30 必要換気量 …