2級建築施工管理 過去問勉強ノート#2日目 建築学 【伝熱・結露】 | にゅこのマンション修繕日和。

2級建築施工管理 勉強ノート

2級建築施工管理 過去問勉強ノート#2日目 建築学 【伝熱・結露】

投稿日:2019年2月6日 更新日:

  

 

 

問題1 熱伝導率は、一般に密度が(  )材料ほど(  )なる。

 

解説 熱伝導率は、一般に密度が大きい材料ほど大きくなる。

 

問題2 壁体を貫流する熱量は、外気温度と室内温度が(  )ほど(  )なる。

 

解説 壁体を貫流する熱量は、外気温度と室内温度の差が大きいほど多くなる。

 

問題3 壁面の熱伝達率は、壁の表面に当たる風速が(  )ほど(  )値となる。

 

解説 熱伝達率は、空気から壁へ、又は、壁の表面から空気へ熱が伝わることをいい、対流熱伝達と放射熱伝達がある。壁面への熱伝達率は、外気温、熱放射、風向、風速等が影響し、壁の表面に当たる風速が、大きいほど大きい値となる。

 

問題4 壁体は、熱貫流率が、(  )ものほど断熱性能が(  )低い。

 

解説 熱貫流は、熱伝達、熱伝導、熱伝達の一連の流れをいうので、壁体の熱貫流率が大きいというのことは、熱伝達率、熱伝導率も大きいことになるので、熱の移動も大きくなり、断熱性能が低いことになる。

 

結露について

重要 空気の含有水分量、(絶対温度)を一定のまま湿り空気を下げると、湿り空気はその(露天温度)で飽和状態となり、さらに下げると、その水分の一部は(凝縮)して水滴となる。

 

勉強ノート#3日目 建築学 【日照・日影・日射】

勉強ノート#1日目 建築学 【換気】

 

-2級建築施工管理 勉強ノート

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2級建築施工管理 過去問 解説ノート R2(後期)問11~問14

  目次1 第11問1.1 鋼の一般的な性質に関する記述として、最も不適当なものはどれか。1.1.1 1問目 鋼は炭素含有量が多くなると、ねばり強さや伸びが大きくなる。1.1.2 2問目 鋼 …

2級建築施工管理 過去問 解説ノート R2(後期)問1~問3

  目次1 第1問1.1 換気に関する記述として、最も不適当なものはどれか1.1.1 1問目 第1種機械換気方式は、地下街や劇場など外気から遮断された大きな空間の換気に適している。1.1.2 …

2級建築施工管理 過去問 解説ノート R2(後期)問4~問6

  目次1 第4問1.1 鉄筋コンクリート構造に関する記述として、最も不適当なものはどれか。1.1.1 1問目 片持ちスラブの厚さは、原則として、持出し長さの1/10以上とする。1.1.2 …

2級建築施工管理 過去問 解説ノート R2(後期)問21~問24

  目次1 第21問1.1 型枠支保工に関する記述として、最も不適当なものはどれか。1.1.1 1問目 パイプサポートに設ける水平つなぎは、番線を用いて緊結する。1.1.2 2問目 上下階の …

2級建築施工管理 過去問 解説ノート R2(後期)問25~問28

  目次1 第25問2 シーリング工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。2.0.1 1問目 マスキングテープは、シーリング材のへら仕上げ終了後、直ちに取り除いた。2.0.2 2問 …