令和3年 2級建築施工管理技士 過去問10年分 【建築学・コンクリート】 | にゅこのマンション修繕日和。

2級建築施工管理士 過去問

令和3年 2級建築施工管理技士  過去問10年分 【建築学・コンクリート】

投稿日:

2級建築施工管理士の過去問、コンクリートについてをまとめました。

過去10年の出題傾向

令和2年 後期

_

平成29年 後期 _ 平成25年
令和元年 後期 _ 平成29年 前期 平成24年 _
令和元年 前期 平成28年 _ 平成23年
平成30年 後期 平成27年
平成30年 前期 _ 平成26年 _

個人的にオススメしたい参考書

令和元年 前期

 

コンクリートに関する一般的な記述として、最も不適当なものはどれか。

 

  1. コンクリートの引張強度は、圧縮強度に比べて著しく低い。
  2. 単位水量が多くなると、コンクリートの乾燥収縮が大きくなる。
  3. コンクリートの耐久性は、水セメント比が低くなるほど向上する。
  4. セメントの粉末が微細なほど、コンクリートの強度発現は遅くなる。

 


答え 4番

 

  1. セメントの粉末が微細なほど、コンクリートの強度発現は遅くなる。
  • セメントの粉末が微細なほど、コンクリートの強度発現は早くなります。

 

平成30年 後期

 

コンクリートに関する記述として、最も不適当なものはどれか。

 

  1. コンクリートは、不燃材料であり、長時間火熱を受けても変質しない。
  2. コンクリートの圧縮強度が高くなるほど、ヤング係数は大きくなる。
  3. コンクリートは、大気中の炭酸ガスやその他の酸性物質の浸透によって徐々に中性化する。
  4. コンクリートの線膨張係数は、鉄筋とほぼ同じである。

 


答え 1番

 

  1. コンクリートは、不燃材料であり、長時間火熱を受けても変質しない。
  • コンクリートは、不燃材ではあるが、長時間の火熱を受けると変質やひび割れをおこしてしまいます。

 

平成29年 前期

 

コンクリートに関する一般的な記述として、最も不適当なものはどれか。

 

  1. 普通コンクリートの単位容積質量は、約3t/m3である。
  2. 単位水量が大きくなると、コンクリートの乾燥収縮が大きくなる。
  3. コンクリートの耐久性は、水セメント比が小さくなるほど向上する。
  4. コンクリートの引張強度は、圧縮強度の1/5程度である。

 


答え 4番

 

 4. コンクリートの引張強度は、圧縮強度の1/5程度である。

  • コンクリートの引張強度は、圧縮強度の1/10(以下)程度です。

 

平成27年

 

コンクリートに関する記述として、最も不適当なものはどれか。

 

  1. セメントの粉末が微細なほど、コンクリートの強度発現は遅くなる。
  2. 単位セメント量や単位水量が過大になると、ひび割れが生じやすくなる。
  3. コンクリートは、大気中の炭酸ガスやその他の酸性物質の浸透によって徐々に中性化する。
  4. コンクリートの圧縮強度が大きくなるほど、ヤング係数は大きくなる。

 


答え 1番

 

  1. セメントの粉末が微細なほど、コンクリートの強度発現は遅くなる。
  • セメントの粉末が微細なほど、コンクリートの強度発現は早くなります。

 

平成25年

 

コンクリートに関する一般的な記述として、最も不適当なものはどれか。

 

  1. コンクリートの熱膨張率は、鉄筋とほぼ同じである。
  2. アルカリ性であるので、コンクリート中の鉄筋が錆びるのを防ぐ。
  3. 不燃性であり、長時間火熱を受けても変質しない。
  4. 引張強度は、圧縮強度の1/10程度である。

 


答え 3番

 

  1. 不燃性であり、長時間火熱を受けても変質しない。
  • コンクリートは、不燃材ではあるが、長時間の火熱を受けると変質やひび割れをおこしてしまいます。

 

平成23年

 

コンクリートに関する記述として、最も不適当なものはどれか。

 

  1. コンクリートの耐久性は、水セメント比が大きいほど向上する。
  2. 普通コンクリートの単位容積質量は、約3t/m3である。
  3. コンクリートは、大気中の炭酸ガスやその他の酸性物質の浸透によって徐々に中性化する。
  4. コンクリートの乾燥収縮は、ひび割れ発生の主要な原因となる。

 


答え 1番

 

  1. コンクリートの耐久性は、水セメント比が大きいほど向上する。
  • 水セメント比を大きくすると、中性化速度は速くなり、コンクリートの耐久性は小さくなります。

 

印刷用 PDF

【コンクリート】

 

令和3年 2級建築施工管理技士  過去問10年分 【建築学・鋼材】

-2級建築施工管理士 過去問

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

令和3年 2級建築施工管理技士  過去問10年分 【建築学・RC構造】

2級建築施工管理士の過去問、鉄筋コンクリート構造についてをまとめました。 過去10年の出題傾向 令和2年 後期 ○ 平成29年 後期 ○ 平成25年 ○ 令和元年 後期 ○ 平成29年 前期 ○ 平成 …

日照

令和3年 2級建築施工管理技士  過去問10年分 【建築学・日照、日射】 

2級建築施工管理士の過去問、日照・日射についてをまとめました。 過去10年の出題傾向 令和2年 後期 _ 平成29年 後期 ○ 平成25年 ○ 令和元年 後期 ○ 平成29年 前期 _ 平成24年 _ …

令和3年 2級建築施工管理技士  過去問10年分 【建築学・採光、照明】 

2級建築施工管理士の過去問、採光・照明についてをまとめました。 過去10年の出題傾向 令和2年 後期 ○ 平成29年 後期 _ 平成25年 ○ 令和元年 後期 _ 平成29年 前期 _ 平成24年 ○ …

結露

令和3年 2級建築施工管理技士  過去問10年分 【建築学・伝熱、結露】

2級建築施工管理士の過去問、伝熱・結露についてをまとめました。 過去10年の出題傾向 令和2年 後期 _ 平成29年 後期 _ 平成25年 _ 令和元年 後期 _ 平成29年 前期 ○ 平成24年 ○ …

令和3年 2級建築施工管理技士  過去問10年分 【建築学・S構造】

2級建築施工管理士の過去問、鉄骨構造についてをまとめました。 過去10年の出題傾向 令和2年 後期 ○ 平成29年 後期 ○ 平成25年 ○ 令和元年 後期 ○ 平成29年 前期 ○ 平成24年 ○ …